リフォームをする前に

リフォーム全般にいえることですが、見積りなどは数社から取って価格や施工手順などを比較してみることをお勧めします。そうすれば平均的な工事金額の見当もつきますし、工事のやり方や手順について比較検討してみることで、消費者自身もある程度の知識を得ることができます。ほとんどの会社は無料で見積りをしています。「その見積りが適正なのかどうか分からない」といったときには、別の業者に相談してみることも必要です。

ここで一番考えなければならないのは、見積り金額ではありません。お客様が今後どのくらいの期間、最低でも何年間この家で暮らしたいのか?です。雨漏りの修理工事は、診断員の原因特定が違えば、当然見積りの内容も業者によって違いますし、お客様のライフプランや予算によっても変わってきます。いくら良いプランでも、お客様の予算に合わなければ、無理をしてお勧めするわけにはいきません。高い見積りもあれば、安い見積りもあると思いますが、その金額には必ず根拠があります。業者から出された見積りの金額だけを見て、「高い」「安い」の判断をする前に、工事の内容を充分把握していれば、その金額が適正なものかどうかが分かるはずです。雨漏りの補修工事に限らず建築工事というのは、大幅に価格が高くなったり安くなったりするのはおかしいのです。その辺りをよく見極めて、「いまなら半額」「最高の材料を使います」などという、あまり根拠のない言葉に踊らされることなく、お客様が困った時にすぐに駆けつけて来てくれるフットワークの良さや、工事のあとのケアを最後まで行うという責任感の強さ、保証がついているかどうかなどを評価してください。こういった工事は日常的なことではありませんから、いったいどのくらいの費用がかかるものなのか検討がつかないと思います。ですから「工事はしたいけれど、もし業者から法外な金額を言われたらどうしよう」と不安な気持ちになるのは当然です。

金額的に納得できないときには、いくつかの業者の見積りを取ってみることも必要です。以下の価格表は当社で提示させていただいているものです。お家の大ききや状況、使う材料などによって多少の違いはありますが、適正な価格の範聞であるかないかの目安にしてください。