技術者集団

私たちの業界もまた技術者の集まりです。自分の仕事に誇りを持って働き、そしてそれに見合うだけの料金をいただけるのが、本来の望みなのです。しかし、悲しいことに世の中から手抜き工事や悪徳リフォームという言葉は、いつの時代になっても無くなりません。この業界のシステムには下請けや孫請けが多いということが、その原因のひとつです。

たとえばAさんが家を建ててくれたハウスメーカーに、屋根の葺き替えを依頼したとします。するとそのハウスメーカーは下請の工務店にその仕事を発注します。その工務店は屋根に関しては専門ではないので、今度は屋根専門店に発注します。ハウスメーカーからすると、屋根専門店は孫請けということになります。この場合、元請であるハウスメーカーや、下請けである工務店は「手数料」という名目で何がしかの利益を取ります。仮にそれぞれが1割の手数料を取ったとすれば、残りの8割が屋根専門店の手に渡ることになります。

屋根専門店はその8割のお金の中から施工費用をまかない、そこから何がしかの利益を上げなくてはなりません。仮にAさんが100万円をハウスメーカーに支払っていたとしても、孫請けの屋根専門店のところに行った時点で、すでに数万円の仕事になってしまうのです。

悪徳リフォーム業者になると、「手数料」などというはっきりした名目もなく、単純に半分以上を懐に入れて、残りを施工店に渡すところもあると聞きます。施工店がきちんとした仕事をしようと思ったら、これでは身銭を切る以外に方法はありません。これではお客様はもちろん、施工業者も職人も、誰もが不幸になってしまいます。このような理由から、これまで下請けや孫請けに甘んじることの多かった屋根専門店や塗装店も、最近ではお客様からの直接受注を目指している会社が多くなりました。技術力や充分な施工能力を持つ会社が、直接お客様の工事を進められることで、中間マージンが不要となり、より良いものを安価にご提供することが可能になるからです。お客様に対して胸が張れる仕事ができる上に、業者も適正な利益が見込めます。そういう会社は技術には自信はあっても営業は苦手、といった職人肌的な会社が多いのですが、誠意を持ってお客様にぶつかっていこうと頑張っています。

いい屋根工事やさんは職人としてのプライドを持ち、地域の皆様に喜ばれる仕事をしていきたいと願う技術者の集団です。地域に根を下ろしてコツコツと地道に誠実な仕事を続けている直接施工の屋根専門店は、きっと見つかるはずです。ぜひ探してみてください。そんな会社は技術者としての誇りを大切にしているので、仕事に対してベストを尽くしてくれるはずです。

屋根リフォームも、雨漏り修繕も、施工してすぐに良し悪しが判断されるものではありませふ 一度工事をすれば、それで良いというものではないのです。屋根を葺き替えた場合は、少なくとも数年経ってみないと真価は発揮されませんし、雨漏りも次に大雨が降るまで結果の程はわからないのです。だからこそ、逃げも隠れもできない地域に長年根を張って生きている施工店を選んで欲しいのです。そういう会社であれば、仮に工事に不備があった場合でも、「電話しても通じない」とか「訪ねて行ってみたら会社が無くなっていて、雲隠れしてしまった」といった恐れは絶対にないのです。

いい職人がいる会社は、いい仕事をする。それは当たり前すぎるくらい当たり前のことですが、残念なことに腕のいい職人を必要な時だけ雇う会社が多いのも事実です。会社にしてみれば、仕事がない時にはお金を払わなくても済みますから、こんな合理的なことはありません。しかし、それでは当の職人さんたちは安心して仕事をすることができません。今月は何とかなっても、来月はどうなるか分からないような生活では、不安で仕方ありません。

収入が保証されることによって、職人さんたちの技術もまた守られるものなのです。良い会社の条件として「自社職人」ではないでしょうか。自社で職人を抱えている会社なら、フットワークの良さはもちろん、その場の状況に応じて即座に判断をして、臨機応変の対応ができるのです。