業者についての判断

お客様のアンケートを見せてもらうとよい業者であるかどうかが分かります。 業者さんに「工事後のアンケートがあったら見せて欲しい」と聞いてみてください。きちんとお客様の管理ができている会社なら、すぐに見せてくれるはずです。お客様を大事にしている業者さんは、自分の仕事がお客様に満足してもらえたかどうかを、とても気にしています。

工事終了後に必ずアンケートをお願いして、実際に工事を経験されたお客様からいただいた声をもとに、次の工事でのサービスに活かしています。雨漏りの修理工事は簡単な工事で終わる場合もありますが、時には大きな工事になってしまうこともあります。騒音の問題もありますし、散水試験のときも混み合った住宅地では、ご近所に迷惑がかかることもあります。工事に入ると足場や資材を積んだトラックが出入りしますが、無神経な車の停め方をすれば、他の車にも近隣のお宅にも迷惑がかかります。これは施主にはストレスのかかることです。「仕事だから仕方がないじゃないか」と開き直っているようでは職人として失格です。「ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、そこを何とか大目に見ていた、だいて仕事をさせてもらって、ありがたい」くらいの感謝の気持ちがある会社は、動きひとつとってもどこかが違っているはずです。

ご近所から苦情やお叱りの言葉を受けないためにも、工事以外の細かなところにまで気遣いできる業者であるかどうか確かめる必要があります。ですからアンケートを見せてもらうことは、その良い判断材料になるのです。

工事現場を見に行くこともいいです。 近所に屋根リフォームや、雨漏り修繕工事をしている現場があれば、足をとめて少し観察してみて下さい。実際の現場に行くと分かることはたくさんあるものです。まず、現場がきれいかどうかを確かめてください。片付けがきちんとできているか、タバコの吸殻が散らかっていないか、トラックは迷惑にならないように停めてあるか、それを見るだけでもご近所に気配りされているかどうか大体の察しがつきます。

次に職人たちの動きを観察してみましょう。見ていると「ああ、この人は親方さんだな」とか、「この人は見習い中だな」とか、ある程度分かってきます。大きな声で挨拶しているか、きびきびとメリハリのある動きをしているか。人相や動きから感じるもの、第一印象やインスピレーションは実はとても大切なのです。もしかしたら、あなたの家の工事を頼むことになる職人かも知れません。ここは慎重にチェックしておきましょう。

職人とフィーリングが合うか合わないかは、とても重要です。工事の期間中、まったく相性の合わない職人さんを我慢しているのは、お互い不幸なことです。聞きたいことがあっても、ついでに直して欲しいところがあっても、職人との関係が良くなくて我慢してしまうようでは、どんなに良い工事の仕上がりでも不満が残ります。工事のあいだ、ずっと職人に気を使っているようでは、ストレスも溜まります。リフォームの失敗には、施主と職人の間のズレが原因となることがよくあります。当然直してくれると思っていたのに直っていなかったり、仕上がりが想像と違ったりするのは、それぞれの「思い込み」と「常識」に違いがあるからなのです。ですから、気軽に何でも話せる職人であるかどうかは、非常に気になるところです。その現場の施主さんと直接話ができるなら、思い切って「良い職人さんですか?」と尋ねてみるのもいいでしょう。きっと、一番正直な答えが返ってくると思います。

「工事中の現場を見せて欲しい」と、業者に頼んでみるのもひとつの手です。工事に自信のある業者なら、喜んで見せてくれるはずです。言い訳ばかりで現場を見せることを臨時躍するような業者には注意が必要です。見られては困るようなことがあるのかも知れません。