アンテナにはなぜ多様な種類が存在するのか

地球上には多くの生物が生きていますが、なぜどのような状態になったかを解説するのが進化論です。

地球上の生物とは比較になりませんが、私たちの周囲にも多様なアンテナがあります。

携帯電話機から引き出すアンテナ、タクシーの屋上にある垂直の導体棒アンテナ、柱上にある4本の導体棒のPHS墓地局アンテナ、衛星放送を受信するパラボラアンテナなどです。

外からは見えませんが、ワイヤレスマイクの内側やSuica(スイカ)など無線用力一ドの中にもアンテナがあります。

ジャングルの中にいる多くの種類の生物は、各々に必要があって存在しています。

養う事の可能な生物の種類が多ければ多いほど豊かなジャングルといわれます。

これと同じように、様々な形のアンテナは各々の役割を果たしており、まさしく適材適所です。

多くの種類のアンテナを必要とするのは、豊かな社会の証拠なのかもしれません。

はじめに海中で暮らす魚類が生じてその次が腿虫類や鳥類であり、最後が晴乳類です。

開口画アンテナの代表であるパラボラアンテナの原理は、二ユ一トンの反射望遠鏡と同じですから、開口面アンテナは最も年季の入ったアンテナです。

マルコ二が最初の無線通信に使用したのが、空高く張った線状のアンテナです。

小さいアンテナを数多く並べたのがアレーアンテナで、第2次世界大戦後に、レーダのアンテナとして実用になりました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*